地域の良質な環境整備やにぎわいづくり
コミュニティ形成にも寄与しています。

梅田地区におけるエリアマネジメントの展開

梅田地区エリアマネジメント実践連絡会

2009年11月に阪急電鉄、阪神電気鉄道、JR西日本、グランフロント大阪TMOの4社で『梅田地区エリアマネジメント実践連絡会』を設立し、以降梅田地区全体の競争力、集客力、地域力を高め、持続的な発展を目指し、エリアマネジメントに取り組んでいます。

今後の活動方針と主な活動内容

1.来街者へのホスピタリティ向上

  • 「大阪・梅田」駅周年のMAP多言語化等

2.エリアブランディング

  • クリーンアップキャンペーンの推進
  • 防災・減災意識活動の実施
  • 警察・消防との連携事例、先行都市へのヒアリングを実施し、
    地区の活動に還元等

3.公共空間の活用・エリアマネジメント財源確保

  • 賑わいの演出による活動財源の創出
  • 公共空間の魅力付けによる歩行者回遊性の向上
  • 国内外におけるプロモーション活動の実施
  • 地区内Wi-Fiのエリア拡大
  • プロモーションツールの充実等
梅田コネクト

梅田の各エリアにおける取組み

1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

地域企業と協力し、ビルの照明やネオンを消灯し、街にキャンドルの明かりを灯すイベントを、西梅田・茶屋町それぞれで開催しています。

西梅田地区開発協議会

西梅田地区開発協議会

西梅田地区・オオサカガーデンシティの魅力に富んだ空間づくりの一環として、地下道で飲食・物販ブースの出店や休憩スペースを提供する「西梅田 UNDER CARAVAN」を開催しました。 

大阪ダイヤモンドシティ協議会

大阪ダイヤモンドシティ協議会

JR大阪駅南側に位置するダイヤモンド地区では、公共空間を活用したイベントや定期的な清掃活動を行い、地区の活性化に取り組んでいます。

フード・インキュベーション

フード・インキュベーション

梅田周縁部にあたる中津において、飲食関連起業家のスタートアップを支援し、将来的に新興企業の梅田中心部への進出を促す取組みを行っています。2017年度は「smorgasbarg大阪」(スモーガスバーク大阪)を開催しました。

梅田地区における新産業創出支援

国際的なビジネス拠点として、大阪梅田を中心とした関西圏の国際競争力の一助となることを目指し、新産業創造や関西圏の活性化につながる起業家支援に取り組んでいます。

スタートアップ向けオフィス「GVH#5」の運営

新しいビジネスの立ち上げを目指すスタートアップに向けた支援として、コワーキングスペース、レンタルオフィスといったオフィス空間の提供に加えて、同施設を拠点とした新たなビジネスパートナーとの出会いの場づくりなど様々な応援をするサービスを提供。起業家が働ける場の提供、起業家同士のコミュニティ形成、起業家のためのビジネスサポート体制の整備、起業家の情報発信を行う拠点として開設。

起業家コミュニティの形成促成のための取組み

起業家及びビジネスサポート、地場企業を対象としたセミナー、勉強会、発表会などの企画を通して、多様な関係者が交流する仕掛けづくりを企画。

「梅田スタートアップファンド1号」の設立

関西に拠点を持ち、かつ創業間もない成長志向のスタートアップに特化したファンドに出資することで、起業を志す人材を梅田に吸引し、関西におけるスタートアップの活動の活性化に努める。

沿線におけるまちづくり・コミュニティ形成

彩都(国際文化公園都市)

彩都

100年もの間に培ってきたまちづくりノウハウを結集して、21世紀に求められる新しい郊外居住スタイルを提供するまち「彩都」の開発を進めています。
彩都では、地域コミュニティが持続するまちづくりをサポートするため、コミュニティ支援を目的としたまちのための法人である一般社団法人「コミュニティ彩都」や住民の会員組織である「彩都スタイルクラブ」を設立。デベロッパー主導ではなく、住民自身による自立したコミュニティが形成されていくための仕組みづくりを行っています。

彩都棚田ファーマークラブ

彩都棚田ファーマークラブ

新住民と地元住民の交流を目的に、地元農家のサポートのもと、彩都に隣接する里山の棚田で、米作りや野菜収穫等の農業体験イベントを実施しています。

彩都フリーマーケット

彩都フリーマーケット

まちの情報発信拠点である「Cube3110」の敷地で、年2回、フリーマーケットを開催しています。住民による催し物や彩都周辺の店舗による出店等、地域交流が育まれています。

MUSEたかつき

MUSEたかつき

「MUSE(ミューズ)たかつき」では、街区内で分譲される1,300戸を超えるマンション住民のコミュニティ活動の場として、「MUSEたかつき倶楽部」を立ち上げました。この「MUSEたかつき倶楽部」を中心に、入居時の交流会をはじめ、真夏の打ち水イベントや街区内の清掃活動など、すでに様々な活動を実施。また、関西大学の協力を得て、情操教育や生涯学習を目的とした講座が受講できる取り組みも行っています。これら様々な活動の場を提供し、街の発展を高め続けています。

「MUSEたかつき倶楽部」の取組み

1.環境への取組み

環境への取り組み

環境活動や廃油回収への参加で、ポイントがたまり、たまったポイントは商品と交換できるシステムを構築。「子どもたちといっしょに環境を考えることができて良かった」「楽しくエコを意識できた」等のお声をいただきました。

2.「MUSEたかつき倶楽部」主催のイベント

「MUSEたかつき倶楽部」主催のイベント

入居者同士、または周辺にお住まいの方々との交流のきっかけになるイベントを企画・開催しています。

3.コミュニティ支援の取組み

会員専用のポータルサイト「MUSEナビ」を運営。各種イベントの告知やお知らせ等をご覧いただけます。

4.「MUSEたかつきカレッジクラブ」との連携

関西大学がエリア内の居住者等を対象とした「MUSEたかつきカレッジクラブ」を主催し、情操教育や生涯学習をテーマとした会員向けのオリジナル講座を展開しています。

一体的維持管理

「MUSEたかつき」事業者の協力により、「MUSEたかつき管理協議会」を組織し、公共施設の歩道やデッキ、民有地の歩道状空地や民間デッキなどを一体的に維持管理するものです。所有者の異なる施設の管理レベルを統一し、街の美しさを将来にわたって保つことで資産価値を高めていきます。

〈「MUSEたかつき管理協議会」構成メンバー〉
学校法人関西大学、社会医療法人愛仁会、
(株)エイチ・ツー・オーアセットマネジメント、
マンション管理組合4棟(阪急不動産分譲)他

委託

阪急阪神ビルマネジメント(主たる管理会社・事務局)