関西経済の中心地・大阪梅田を中心として、
数多くのオフィスビルの開発・賃貸・運営管理等を通じて、
安心・快適なオフィス空間を提供し、魅力あるまちづくりに貢献しています。

事業紹介

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

大阪梅田ツインタワーズ・サウス大阪梅田ツインタワーズ・サウス

大阪の中心地である梅田地区で御堂筋の起点に位置する本建物は、阪神百貨店(阪神梅田本店)の入居する大阪神ビルディング及び新阪急ビルを両ビル間の道路上空を活用して建替えたことで誕生しました(2022年2月竣工)。
百貨店ゾーンのほかビジネス情報の発信の場となる「梅田サウスホール」を中心とするカンファレンスゾーンや、最新の設備を備え1フロアあたりの貸室面積3,500㎡超を誇るオフィスゾーンで構成されます。
本建物の建替えにあわせて、周辺公共施設整備を一体的に行うことで、都市機能の高度化、防災機能の強化、公共的空間の創出、良好な景観形成等を通じて、国際競争力の強化に資する快適で質の高い街づくりを進めました。

建物概要

敷地面積 約12,200㎡
容積率 2000%
延床面積 約260,000㎡
階数 地下3階・地上38階
高さ 約190m
主要用途 百貨店(地下2階~9階)、
オフィス(11階~38階)、
ホール(11階)など
構造 鉄骨造(地下部:鉄骨鉄筋コンクリート造)

■参考

阪急「大阪梅田」駅より徒歩7分
阪神「大阪梅田」駅より徒歩1分
大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅より徒歩1分
大阪メトロ四つ橋線「西梅田」駅より徒歩3分
大阪メトロ谷町線「東梅田」駅より徒歩2分
JR「大阪」駅より徒歩3分
JR「北新地」駅より徒歩4分

■施設内訳

百貨店ゾーン     約100,000㎡
オフィスゾーン    約143,000㎡
カンファレンスゾーン 約4,000㎡
その他        約13,000㎡

※重複利用区域(2つの敷地間の道路上空を建築敷地として利用する部分)の面積を含みます

大阪梅田ツインタワーズ・ノース(旧名称:梅田阪急ビル)

大阪梅田ツインタワーズ・ノース(旧名称:梅田阪急ビル)大阪梅田ツインタワーズ・ノース(旧名称:梅田阪急ビル)

1929年、日本初のターミナルデパートとして開業して以来、1977年の阪急グランドビル竣工まで合計9回の増築を重ねてきた梅田阪急ビルは、2002年に施行された都市再生特別措置法を活用することにより800%の容積緩和を受け、7年間にわたる建て替え工事期間を経て、売場面積8万㎡の阪急百貨店うめだ本店と賃貸面積7万㎡のオフィスタワーから成る梅田のランドマークとして生まれ変わりました(2012年11月全体竣工)。
2022年4月には、大阪梅田ツインタワーズ・サウスの竣工に合わせて、ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称しました。ビジネスの一等地「梅田」の中でも特に評価が高いスーパーロケーションを誇るこの2つのビルを一対のフラッグシップビルと位置づけ、梅田エリアの更なる魅力向上と国際競争力の強化に貢献しています。

建物概要

敷地面積 約17,465㎡(阪急グランドビルを含む)
容積率 1800%
延床面積 約254,000㎡
階数 地下2階・地上41階
高さ 約187m
主要用途 百貨店(地下2階〜13階)、
オフィス(17階〜41階)など

■参考

阪急「大阪梅田」駅より徒歩約3分 / 阪神「大阪梅田」駅より徒歩約3分
JR「大阪」駅より徒歩約4分 / JR東西線「北新地」駅より徒歩約8分
大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅より徒歩約2分
大阪メトロ谷町線「東梅田」駅より徒歩約2分
大阪メトロ四つ橋線「西梅田」駅より徒歩約6分

■施設内訳

百貨店棟    約141,000㎡
コンコースなど 約10,000㎡
オフィス棟   約103,000㎡

ハービスOSAKA/ENT

ハービスOSAKA/ENTハービスOSAKA/ENT

阪神電気鉄道の「西梅田開発」において誕生した超高層ビル「ハービスOSAKA」と「ハービスENT」。「上質な大人の街」をテーマに開発した西梅田地区を象徴する存在として、ラグジュアリーブランドをはじめとする物販・飲食・サービス店舗や、先進のビジネス機能とアメニティ性を兼ね備えたインテリジェントオフィスのほか、ハービスOSAKAには、ラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」が、ハービスENTには、劇団四季の専用劇場「大阪四季劇場」やライブレストラン「ビルボードライブ大阪」といったエンタテインメント施設が、それぞれ入居するなど、大人が楽しめる街としての機能を高めています。

建物概要(ハービスOSAKA)

敷地面積 約13,800㎡
延床面積 約136,800㎡
階数 地下5階・地上40階・塔屋1階
高さ 約190m
主要用途 オフィス、商業施設、ホール、ホテル

建物概要(ハービスENT)

敷地面積 約9,210㎡
延床面積 約107,000㎡
階数 地下4階・地上28階・塔屋2階
高さ 約148m
主要用途 オフィス、商業施設、劇場

サテライトオフィス事業「阪急阪神ONS powered by point 0」

サテライトオフィス事業「阪急阪神ONS powered by point 0」サテライトオフィス事業「阪急阪神ONS powered by point 0」

「安心・快適に集中できる個室空間」をコンセプトに、オフィスワーカーの皆さまにメインオフィスや自宅以外の場で働くことができる環境を提供します。

阪急阪神ONS powered by point 0の特徴

安全・安心な空気環境 空調ダクト経路に除菌ユニットを設置し、空気を除菌
ハイレベルなセキュリティ エントランスや個室に顔認証システムを導入
快適な室内環境 ・人間工学に基づいたオフィス家具を設置し、カラダへの負担を軽減
・抗菌、抗ウイルス加工された天板を使用したデスクを設置
・自然音によるサウンドマスキングにより音漏れを防止
・みどり、アート、香りを使った演出により快適なオフィス環境を提供