Image
Image
Image
Image
SCROLL

業用地を探す

土地利用計画図は、現時点のものであり、今後変更される可能性があります。 事業用地は現在の仮換地指定に基づくものであり、 位置・敷地形状・面積等が変更となる可能性があります。

彩都 東部地区についてEASTERN

業拠点の形成

大阪都心から約20km、北大阪の内陸部に位置する彩都(国際文化公園都市)。都市近接のメリットや国土軸に近い良好なアクセスを活かし、研究開発拠点や生産拠点・物流拠点として企業の進出が続いています。
現在、彩都西部地区(約313ha)、彩都中部地区(約63ha)に続いて、事業ニーズに応じた新たな産業用地として彩都東部地区(約367ha)の整備が進められています。

詳細はこちら 彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会HP

Image

部地区の優位性・利便性

  • Image Image

    アクセス

    京阪神を東西に結ぶ主要道である国道171号線をはじめとする幹線道路網へ容易にアクセス。また、名神高速道路の茨木IC、中国自動車道・近畿自動車道の吹田ICがどちらも約7分圏内。新名神高速道路の茨木千提寺ICにも近接しており、複数ルートによるアクセスで関西圏~広域のカバーが可能な交通利便性の高いエリアです。

    詳細はこちら
  • Image Image

    ポテンシャル

    大阪・京都・神戸といった都市に近く、30km圏内で1000万人を超える人口を有しながら、大阪府下における希少な大規模産業用地として整備がすすめられる彩都東部地区は、多彩なニーズにお応えする最適な事業環境を備えています。

    詳細はこちら
  • Image Image

    BCP

    災害リスクが少ない大阪内陸部の丘陵地帯に位置する彩都は、BCP(事業継続計画)におけるリスク分散化の候補地として最適です。

    詳細はこちら

彩都 西部地区
中部地区について

文化学術や研究開発、国際交流、産業集積といった特色ある機能を組み込んだまちづくりが行われてきた、国際文化公園都市「彩都」。2004年のまちびらき以降、彩都西部地区では、住宅や利便施設のほか、彩都ライフサイエンスパーク(LSP)を中心にライフサイエンス分野の研究所や企業の事業所が集積し、彩都中部地区では、大型物流施設をはじめとした事業所・店舗の立地が進んでいます。
※西部地区・中部地区の事業用地は完売しました。

Image

出企業一覧

  • 西部地区

  • 中部地区

  • Image
    • Image

      8富士フイルムRIファーマ(株)

    • Image

      12彩都バイオインキュベータ

    • Image

      17独立行政法人
      医薬基盤・健康・栄養研究所

  • Image
    • Image

      32万代彩都物流センター

    • Image

      33プロロジスパーク茨木

ータで見る彩都