健康経営の取組み

健康宣言の制定

当社では、従業員やその家族の健康を大切にするとともに、より働きやすい職場とし、この会社 で「働いてよかった」、「働きたい」と感じていただけるよう、更にはお客様を含めた皆様が幸せを 実感できることを目指して「健康宣言」を制定しています。

阪急阪神不動産株式会社 
健康宣言

健康経営「阪急阪神不動産
ウェルビーイング プロジェクト」

 阪急阪神不動産では、従業員やその家族の心身の「健康」が幸せの源泉であるとともに、グループの豊かな未来の礎であると考えています。また、お客様に、経営理念である『「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けする』ためには、みんなが健康で多様な個性や能力を最大限に発揮することが何よりも大切です。
 これを実現するために、私たちは自らの健康に高い意識を持ち、職場の仲間や家族とともに、健康づくりに取り組みます。
 また、当社はグループの総合不動産事業会社として、オフィスや商業施設で働く方々やマンション・戸建住宅の居住者がウェルビーイングを実感できる施設・居住空間の提供を通じて、皆様の健康に対する取組みをサポートしてまいります。更に、街づくりにおいては、自然環境に調和した街づくりを行っていくことなどにより、社会全体が永続的に安心・快適な生活を送ることができるよう、取り組んでまいります。
 阪急阪神不動産は、阪急阪神ホールディングスグループの「阪急阪神 Wellness チャレンジ」をスローガンに、一人ひとりの健康づくりへの積極的な支援と、生き活きと働くことができる職場環境づくりに努めるとともに、「阪急阪神不動産 ウェルビーイング プロジェクト」と題して、当社において更なる取組みを行っていくことを、ここに宣言します。

※「ウェルビーイング」とは、個々人が、身体的・精神的・社会的に良好な状態にあること(幸せな気持ちでいられること)を意味します。

2018年6月
阪急阪神不動産株式会社

健康経営の推進体制

人事部門を中心に、各部門長・産業医・阪急阪神健康保険組合により構成する「健康経営推進委員会」を設置しています。従業員や家族の健康課題を分析し、具体的な施策を策定するとともに、 達成状況を検証して継続的な改善を図ってまいります。

自社の課題

具体的な取組み

過重労働の防止とワークライフバランスの推進
フレックスタイム制度

コアタイムのない、いわゆるスーパーフレックス制度を導入しています。子どもの送り迎えや家族の看護、通院、オフピーク通勤など、ライフスタイルに応じた働き方を可能にするとともに、比較的業務が少ない日は早く帰るなど労働時間の縮減にも繋がります。

フレックスタイム制度
ITシステム・ツールの活用

業務効率化支援のため、情報共有ツール、名刺管理システム、人事管理システムの他、TV・Web会議システム、交通費精算システムなど、様々なITシステム・ツールを導入しています。

ITシステム・ツールの活用
仕事と育児・介護の両立支援ハンドブックの作成・配布

当社では、育児・介護支援として、法定を上回る休職制度・勤務時間短縮制度を導入していますが、それらをより一層活用いただけるように「仕事と育児・介護の両立支援ハンドブック」を作成・周知しています。

仕事と育児・介護の両立支援ハンドブックの作成・配布
乳がん・子宮頸がん検診の補助制度

乳がん・子宮頸がんは20~30代から増えはじめるものの、早期発見により生存率が高くなることは勿論のこと、体への負担も少なくなります。1年に1回の受診を促すべく、健康保険組合による検査や検査料の全額補助を実施しています

乳がん・子宮頸がん検診の補助制度
生活習慣病などの疾病の健常者に対する発生予防
弁当給食制度

健康に配慮した給食弁当の注文制度を導入。
 弁当はロイヤルランチ(800kcal前後)、ヘルシーランチ(600kcal前後)の2種類から選ぶことができます。

生活習慣病などの疾病の健常者に対する発生予防
OFFICE DE YASAI

管理栄養士が監修した、新鮮な産直野菜、旬のフルーツなどを職場内に設置し、安価で利用することができます。

OFFICE DE YASAI
禁煙外来治療に対する補助制度

“卒煙”への支援策として、医療機関で禁煙外来治療を受けた場合、本人の申請により、実費相当額を補助します。(最大2万円)

サークル支援制度

従業員相互間のコミュニケーションの拡充を目的として創設し、6サークル(野球、フットサル、ランニング、ゴルフ、マラソン/駅伝、テニス)・延べ150人が活動しています(2020年4月現在)。サークル活動を通じて、運動習慣の醸成にも繋がっています。

サークル支援制度
ウォーキングイベントの参加奨励

健康保険組合主催のイベント「みんなで歩活」の参加を奨励しています(年に2回開催)。
「みんなで歩活」は参加者が自由にチームを組み、チーム間で一定期間の歩数を競うイベントです。イベント期間中の平均歩数が一定の基準を超えた方には、抽選で豪華賞品をプレゼントしています。

従業員間のコミュニケーションの推進
ハシゴ計画(社内活性化プロジェクト)の創設

上司部下同僚・所属部門などを超えて、社員間のコミュニケーションが活性化する環境を創ることを目的として、入社5~10年目の若手社員を中心にプロジェクトを結成。若手目線で様々な施策やイベントを検討・実行しています。

ハシゴ計画(社内活性化プロジェクト)の創設
社内報「Han-Fun」

コミュニケーション活性化のため季刊誌の「Han-Fun」を発行。Well beingに関する情報も数多く紹介し、情報の提供とコミュニケーションの活性化で、従業員の健康をサポートしています。

社内報「Han-Fun」
リフレッシュスペース「ハシゴベース」

社員同士のコミュニケーションの場、社内外を問わず情報発信を行う場、休息の場として、先述のハシゴ計画メンバーと社内のリフォーム部門の社員がアイディアを出し合ってプロデュースしたスペースです。
ライブラリースペースや卓球台などがあり、様々な用途・シーンに活用できる場所です。

リフレッシュスペース「ハシゴベース」
社内交流イベントの実施

事業や部署の垣根を超えた若手社員同士のコミュニケーション機会を作るためのBBQ大会をはじめ、社内で様々なイベントを実施しています。

社内交流イベントの実施

「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定

2020年3月2日、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2020」に認定されました。
地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みを基に、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。

健康経営優良法人2020